溢れだすマネーの泉を見つけよう!

今すぐお金が欲しいあなたに送るお金情報サイト。節約や投資、副業までご紹介していきます。

これを抑えとけば大丈夫!今すぐお金が必要な人がすべき行動

お金が必要

お金が欲しい場面は生きていればたくさん出てきます。

例えば、結婚式のお祝いを包まなけれならなくなった。入院費用が必要になった。引っ越し費用が必要になったなど。

普通に必要なものから緊急であるものまで、お金の悩みは尽きません。

人生で恋愛や進学や結婚など様々なイベントがありますが、一番大変なのはお金の悩みでしょう。

この一生付きまとう悩みをどうやって解決するか、マネーの泉では様々な視点から考察しみなさんの悩みを解消していきたいです。

そこでお金がなくてくすぶっているあなたは、これを見てお金をゲットしましょう!!

 

お金を稼ぐ?借りる?いつまでにいくら必要か考えよう!

まずどれくらいの額をいつまでに必要か考えることが大事です。

例えば、給料日までの食費が必要でしたら、手持ちにある物を売ったり、親からお金を借りる方法を選べば解決します。

それよりも大きい額の引っ越し費用でしたら、まとまったお金が必要となりますのでキャッシング・カードローンで借りるのがおすすめです。

最近では大手の銀行がキャッシング・カードローンを運営してますので初めての方も安心ですし、最初の30日間は条件付きで無利息だったりしますので給料が出たら返せばいいだけです。

このように自分がいつまでにどれくらいの額が必要か、もっと深く考えるのであれば返済はいつまでにできるのかをしっかり決めておくことが必須となります。

 

お金を増やす!手元に余裕資金があるなら投資もおすすめ

0d1111a6a6e7d254abb40eca14d422b5_s

お金に余裕があって少しでも増やしたいなと考えているのなら、FX投資をおすすめします。

最近では少額から始められるようになっているので、初心者でも気軽に始めることができるようになりました。

どうしても自分のお金を運用するのが怖いという方は、バーチャルで練習してみてから決めるといいです。

大体どこの証券会社もデモ口座があるので、それに登録して本番前には必ず練習してコツをつかみましょう。

そこで自分には全く才能ないとわかるかもしれないし、実はとんでもない凄腕かもしれません。

やらないよりやるにこしたことはありません。ぜひデモ口座で勉強しながらFXデビューを目論んだらいかがですか??

 

いざというときのために貯金方法を攻略

常にいつでも使える貯金を蓄えておきましょう。おすすめは給料が出たらすぐにいくら貯金すると決めておき、それを差し引いたお金でやりくりすることです。

最初に差し引いておくことがポイントで、これに慣れてしまえば毎月どれくらいの出費で押さえれば大丈夫か感覚でわかってくるようになります。

ちなみにおすすめは3分の1貯金です。結構きついように感じますが慣れなので一度やってみてください。

給料が20万の人なら約7万ですよね。残り13万です。家賃にもよりますが家賃が7万だとしても6万は残ります。

食費は何とかして2万で押さえましょう。そうするとギリギリではありますができないこともありません。

ポイントは友達との交際を一切断つことです。これで1年で84万の貯金ができます。

いずれ結婚を考えているのであれば300万ほど貯金はあった方が余裕がありますので、社会人の内の3年間は頑張ってみましょう。

 

自分の性格に合ったお金の管理の仕方が将来の貯金を生む

お金がなくてピンチだとしてもどうにかなるものなので悲観せずに、まずは自分ができることをやってみましょう。

確かにお金を稼いだり増やしたりするということはどんな方法をとっても大変なことです。

でも人によって方法が自分に合ってれば、楽しくお金を貯めたり増やしたりできるはずです。

気持ちの持ちようなので何もしないのではなくチャレンジしてみましょう。

私は勉強しながらお金を増やしたかったので投資が向いていました。

友人は節約が得意でしたので貯金で200万貯めましたし、物の金銭感覚に鋭い方はヤフオクなどでせどりをして稼いでいました。

このように何かしらは自分の性格に合ったものが見つかるはずです。

マネーの泉ではお金に困った方のサポートとして色々な方法を提案していきますので、ぜひ活用して明るい未来を作ることができれば幸いです。

お金を今すぐ作方法をまとめた「お金つくーる」を参考にすると、さらに細かく自分に合ったお金の作り方がわかりますのでぜひ見てみてください。

 

お金の貸し借りは縁の切れ目

c1f6db258afc99a84a1096b00ebbce9b_s

社会人になり入社した会社で、先輩に教えてもらいながら早く仕事を覚えようと頑張っていました。もうすぐ一年経つ頃には仕事の流れも覚え、職場にもなれてきました。

何人かで、フロアーが同じだったり、部署が同じ先輩たちとランチをするのが日常になっていました。
すると、ある日たまたま仕事の指導をしてくれていた先輩と二人っきりのランチになりました。
仕事ではお世話になっていましたが、プライベートな付き合いはなく、数人で行くランチはあっても、二人っきりははじめてでした。

仕事の話や当たり障りのないニュースの話などをしているとランチ時間が過ぎ、お会計になりました。
レジの前で「あっごめん、お金下ろしてくるの忘れたから、立て替えておいてくれない?明日返すから」と言われ、いいですよと、その場を払いました。

翌日、数人のランチで先輩に会いましたが、ランチ代の話もなく、返してはもらえませんでした。
忘れているのなら、仕方ない。普段仕事でお世話になっているので、ランチ代も千円くらいだし、目くじら立てて返してくださいって言って、波風立てるのもなと思い何も言いませんでした。

二人っきりのランチから一週間くらいたった頃、その先輩から飲みに行かないかと誘われました。
この前のお返しかなと思い、誘いに応じました。お店に着くと、先輩はすでに飲んでおり、少し酔っ払っているように見えました。

私もビールを注文して、二人で乾杯してしばらく経つと、折り入ってお願いがあるんだけどと言われました。
仕事のことかなと思っていると「5万円貸してくれない?」と言われました。
どうしたんですかと聞くと、ご両親が入院され、家族の生活費とかいろいろ支払っていたら今月少し厳しくてという話でした。

確かに、私は実家暮らしで先輩は妻子がいます。ご両親の入院費と生活費と全てを先輩が払っているのだとしたら、大変だなと思いました。
私にとって5万円だと貯金に回す金額を少し抑えて、普段の生活を切り詰めればなんとか出せる金額でした。
後輩に頼むくらい大変なんだなと思うとなんとかしてあげたい、お世話になっているし、一回だけならすぐ返してくれると言っているし役立ててもらおうと渡しました。

一ヶ月後、返済すると言っていた期限だなと思っていた頃、先輩が急に会社を辞めました。
驚いて、何かあったのかと上司にきくと、先輩にはギャンブルで作った多額の借金があり、消費者金融から会社に電話があり発覚したそうです。
先輩が担当していた取引の金額に、不正な支出があることが発覚し会社を辞めたとききました。

上司に、先輩に貸していたお金のことを相談すると、他の後輩にも同じようにお金を借りていたことが発覚しました。
上司から先輩に全ての金額を返済するよう働きかけを行ってもらい、お金は返ってきましたが、ご両親も元気で、妻とは離婚し、先輩がギャンブルにはまっていただけと知り愕然としました。

そしてお金を貸していたのは、仕事でお世話になった後輩たちだけでした。みんな同じように、無理して出せない金額ではないこと、職場で波風をたてにくい後輩という立場だったことなどが共通していました。
その卑怯なやり方に腹が立ちましたが、今回はこんなこともあるのだと勉強になったと思います。

これからはお世話になった人であっても、お金の貸し借りはやめようと心に決めました。

2016/08/27