中国製の精力剤や勃起薬は危険!安全性や健康被害リスクを徹底解説

中国製の精力剤や勃起薬は危険!安全性や健康被害リスクを徹底解説

忙しい現代社会。仕事や家庭でストレスを抱え、男性機能が低下してしまう男性も多いようです。

そんな男性が、状況を打破したいと、手にするのが精力サプリ。

今や、精力サプリは一大マーケットを築き上げ、日本のドラッグストアには、世界中から選りすぐられた、さまざまな商品が並べられています。

では、これら商品、どれも安心安全に服用できるのでしょうか。残念ながらそうではありません。

特に海外製のもの、なかでも中国製のものは安全性に疑問がつきまといます。

海外製品と日本製品との違いや、中国製サプリの安全性などを、掘り下げて見ていきましょう。

中国製の医薬品について

中国製の医薬品について
中国製の医薬品だからといって、そのすべてがNGというわけではありません。ですが、輸入品の中には粗悪なものが多いのも事実。

なかでも偽医薬品というものが存在し、購入には注意が必要です。

中国は、環境汚染大国でもある

中国の環境汚染は、今や社会問題となり、しばしば日本のニュースでも取り上げられています。

大気汚染の面では、マスクなしで外を歩けないほどの空気の悪さで、工場からは、発がん性物質が垂れ流しだそうです。

食料面では、腐敗した食材に消毒剤を混入した加工食品、豚肉に着色料を塗った偽装牛肉、ネズミの死体入りの油で揚げられた月餅、細かく刻んだ黒いビニールを使った偽装わかめなど、日本人には信じられない劣悪な食品のオンパレードです。

 

このような環境汚染と衛生上の不安を持つ中国。その国で作られた製品には、どうしても不安がつきまといます。医薬品もしかり。

それでも、日本のマーケットでは、メイドインチャイナの商品がにぎわいを見せている現状があります。その理由は1つ。

低価格で購入できるからでしょう。中国の人件費や物価は、日本のそれらよりずっと低く、そのため低コストでさまざまな商品を作ることができるというわけです。

中国製品の恩恵を受けている日本ですが、その品質となると、話は別です。前述した大気や水質の汚染に加えて、利益優先の偽装商品が横行しています。

食品や医薬品など身体にいれる商品を選ぶときには、細心の注意が必要です。安い値段だけに惑わされず、品質を重視した商品選びをしましょう。

中国製の精力サプリにはED治療薬成分が混入しているものがある?

中国製の精力サプリにはED治療薬成分が混入しているものがある?

厚生労働省の調査では、精力アップを目的とした中国製品44点のうち、実に37点から、5種類の医薬品成分が検出されたとのこと。

このため、厚生労働省では、公式サイトなどで、海外製精力サプリの健康被害についての注意喚起をしています。

なお、検出されたのは、「シルナデフィル」というバイアグラの先発薬などで、これは実に恐ろしい事実です。日本では医師の診察なしでは購入不可能であるバイアグラ。

医薬品なので副作用もあり、用量などを守って服用すべき薬です。町のドラッグストアなどで手軽に購入できる精力サプリに含有されていては危険極まりありません。

もちろん、そのような成分の表記や副作用のことも記されていません。

中国製のED治療薬には、偽物が存在する

中国は、偽物大国というあだ名がつけられるほど、多くの偽物商品が出回っている国です。なかでも、医薬品の偽物は、安全性の観点から大問題です。

例えば、ED治療薬として有名なバイアグラの偽商品が本物そっくりに作られています。見た目は正規品と見分けがつかないくらいですが、中身はありません。

有用成分などは全く配合されずに、製造されたものです。なかには、本物に似せるために、色づけなどにペンキやインク、鉄の粉など、食べられないようなものを材料にした商品もあるようです。

日本でも、こうした商品を口にしてしまい、健康被害を受けたという報告がなされています。

薬ではなく毒ですよね。中国人富裕層の人々が、日本でコスメや薬をいわゆる爆買いするシーンが、ニュースになっていますが、自分の国の商品が信用できない証拠とも言えるでしょう。

それでも一向に減らない偽商品。安くて気軽に買えるからというのが理由のようです。バイアグラを日本で購入するには、医師の診断が必要で、それを手間だと思う人もいます。

また保険外診療のため、それなりの出費が必要です。バイアグラの錠剤1粒に1500円くらい請求されることもあるようです。中国産の偽商品なら10分の1とも言われる値段で手にいれることができます。

なお、中国製はさずがに怪しいので、アメリカなどほかの国から輸入して手に入れようと考える方もいるようですが、これも、おすすめできません。

中国で偽薬を製造販売する会社が、一度商品をアメリカに送って、日本に輸出していることもあるそうですよ。

バイアグラをはじめとした医薬品は、口にいれるものです。安心安全第一です。また、薬という性格から、副作用など身体への影響も考えられます。医師の診断と、決められた用法、用量を守ることが必須です。

参考:厚生労働省公式発表
医薬品等を海外から購入しようとされる方へ
医薬品成分(シルデナフィル及び類似成分)が検出されたいわゆる健康食品について

中国の精力サプリは注意書きが読めない

精力サプリというものは、用量や用法など、飲むタイミングなどが必ず明記されるべき商品です。この点においても、中国製の商品を選ぶのは賢明ではありません。

まず、中国語で記されている表示を、すらすら読むことができません。そのうえ、その表示、含有成分をはじめとして本当のことが書かれているか怪しいものなのです。

日本ですと、医薬品の表記に偽りなどがあれば一大事、厳しくその責任を問われます。製造会社の存続自体が難しくなる事態です。

そのため徹底した管理のもと、ラベル表記がなされています。ですが、中国は違います。消費者を守るルール整備が進んでおらず、騙されたら泣き寝入りというお国柄なのです。

目先の安さや気軽さではなく、安心安全な商品選びが大切です。

日本と海外・薬の成分規制の違いについて

日本では医師の診断なしには入手できない薬が、海外では町のドラッグストアで売っている、なんてことがあります。ED治療薬などもそうした例が、しばしば見受けられます。

日本と海外では、薬の規制に違いがあり、日本では市販の精力サプリに配合すると違法になる成分が、海外では合法ということがあるからです。

スポンサードリンク

日本は、消費者の安全を何より大切にして、ルール作りをしている国です。薬の安全性に関して、とても厳しいチェックをして、規制や管理を行っています。

「副作用などの健康被害が否定できない」成分については、医師の判断を重視するという考え方にのっとっています。

とは言え、現地の人は飲んでいるのだから、安心なのでは、と海外製の医薬品の個人輸入を試みる人もいるようです。薬というのは、摂取していると体に耐性ができる性質を持っています。

例えば、頭痛薬などを常備していると、そのうち少しの用量では効きにくくなるといった症状もこうした理由からです。ですから、飲み慣れていない海外の薬を、安易に購入するのは避けるのが賢明でしょう。

日本製の精力サプリ・ED治療薬

日本製の精力サプリ・ED治療薬

安心・安全の日本製精力サプリ

日本の医薬品における基準は、世界でもトップクラスを誇り、大変安全です。その基準はともすれば、過保護と言われるくらいで、消費者を守っています。

副作用に関しての情報が明記されていて、もちろん混入物などもなく、安心して口にすることができます。

信頼の証であるGMP認定

日本製の精力サプリの安全性を保証しているひとつとして「GMP認定」があげられます。GMPは、Good Manufacturing Practice(適正製造規範)の略です。

製造工程管理基準を定めていて、製造のすべての過程で厳格な基準を満たした工場のみ、このGMP認定を受けることができるのです。

製造のすべての過程とは、原材料の仕入れから出荷にいたるすべてを指しています。成分表示を偽る、製品に不純物が混ざる、といったグレーな工場は、もちろん認定を受けることができません。

精力サプリというのは、消費者からすると、見ためでは判断できない側面があります。工場での成分配合やラベルの成分表記を信頼するしかありません。

GMP認定は、工場以外の第三者機関がおこなうので、消費者にとって判別しやすい指針となります。

こうした基準は、世界的にも広がっていて、自発的もしくは義務化する方向に進んでいるようです。精力サプリを選ぶときには、GMP認定工場で生産されたものをチョイスすると安心です。

GMP認定の3原則

GMP認定の際、基準となっているのが厚生労働省のガイドラインです。特に3つの原則が明記されていて、製品の品質維持の基準となっています。

1つめは、「各製造工程における人為的な誤りの防止」です。

2つめは、「人為的な誤り以外の要因による製品そのものの汚染および品質低下の防止」。

3つめは、「全製造工程を通じた一定の品質の確保」となっています。

日本製の精力サプリとED治療薬の入手方法

日本において、バイアグラなどED治療薬を入手するには、医師の診断と処方箋が必要となります。

クリニックを受診するメリットはたくさんありますが、専門の医師に相談できるのが最大のポイントです。

勃起不全の原因をはっきり突き止めることができる、自分により合った薬を選択できる、ということもあります。

ただし、保険診療外のため、診察費用・錠剤の購入費用ともに医療機関によってバラツキがあります。継続して服用するには、ちょっと高い値段設定になっていることもあるようです。

クリニックを受診するほどではない、病院に行くのは抵抗がある、そんな方に、「あかひげ薬局」をおすすめします。

「あかひげ薬局」は、男性機能回復を専門にした薬局です。全国にある店舗すべてに、薬剤師が常駐しているので、安心です。専門の薬剤師に相談することで、より自分の症状に合った精力サプリを選ぶことができます。

漢方薬について

漢方薬について

中国製の精力剤=漢方薬ではない

本来中国は漢方薬で有名な国です。その歴史も深く、高い効果がもたらされると言われる漢方薬。

長く飲み続けることが大切で、体質を根本から改善してくれるものです。

近年偽薬のイメージが強いですが、本来は歴史ある漢方薬発祥の地であり東洋医学の中心地でした。

なお、中国の精力剤=漢方薬が混同されがちですが、漢方薬は精力回復以外にも多くの効能があります。

精力アップの効果がある漢方薬として有名なのが、海狗腎(オットセイのペニス)」「冬虫夏草」です。

希少価値が高く、かなり高価ですが、効き目抜群と引く手あまたです。漢方薬は、ゆっくりとした作用で、副作用の心配もほとんどありません。

そして、一旦体質が改善されれば、その後も、比較的好調を維持できるというメリットもあります。

中国には、このように、漢方薬というイメージが根づいているため、中国の精力サプリは安心、と考える方もいるようです。ですが、中国製の精力サプリは、安全ではなく危険です。注意しましょう。

漢方薬の成分と効能

漢方薬というのは、その人それぞれの症状や体質に合わせて、さまざまな生薬を配合して作られるものです。

男性機能アップには、主に、疲労回復、血行促進、滋養強壮、精力増強といった作用を持つ生薬が、組み合わされることが多いようです。

代表的な生薬の成分と効能をご紹介します。ぜひ参考にして、漢方薬を試してみてください。

・益智(やくち):成分:ショウガ科の植物・効能:腎機能向上/新陳代謝促進
・海馬(かいま):成分:タツノオトシゴ・効能:滋養強壮/血行促進
・鹿茸(ろくじょう):成分:若い鹿の角・効能:強壮作用/疲労回復
・鹿鞭(ろくべん):成分:鹿の陰茎、睾丸・効能:疲労回復/倦怠感の緩和/精力増強
・反鼻(はんぴ):成分:赤まむし・効能:滋養強壮
・けん実(けんじつ):成分:オニバスの種・効能:滋養強壮/血行促進
・百合(ゆり):成分:ユリ・効能:滋養強壮
・山薬(さんやく):成分:ヤマノイモの皮・効能:滋養強壮
・蛤かい(ごうかい):成分:オオヤモリ・効能:勃起力強化/滋養強壮

漢方薬の注意事項

漢方薬には、副作用はあまりありませんが、アレルギーを引き起こすことは考えられます。主に動植物由来の成分を原料としているので、なかには体質に合わない場合もあります。

服用の際に、医師の診断を受ける、アレルギー検査を行うなどすると、より安心です。

信頼できる日本の精力サプリで、男性機能アップを

医薬品や精力サプリ、サプリメントは、身体をよりよくしたいと思って、取り入れるものです。体に吸収するものですから、安全な材料からできていることが一番大切です。

諸外国、なかでも中国製の精力サプリには、アヤシイものも多く、重大な健康被害の例もあります。

取り返しのつかないことにならないよう、少しでも不安の残るものは、口にしないようにしましょう。

日本製の精力サプリは、安全で信頼できるものがたくさんあります。安心して服用できる精力サプリをチョイスして、男性機能アップの手助けに利用しましょう。

 


最新版のペニス増大サプリを徹底検証

すべて実際に使って客観的なデータを集計した増大サプリおすすめランキング大公開!使ってみてわかったメリットや特徴をくまなくご紹介します。短小や精力減退で悩んでいる方はぜひご覧下さい。ギンギンにそり立つ巨根を手に入れて自信を増大させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です