EDの原因と具体的な対策方法とインポ改善の予防法まとめ

EDの原因と具体的な対策方法とインポ改善の予防法まとめ

世の中の男性の悩みで近年増加しているのがED、いわゆるインポテンツです。

現在ではバイアグラといったED治療薬も出ており、病気として認知され「治療」として対処されるようになっています。

ただし、ED治療薬は治療薬ですので医薬品であり一定の効果は期待できますが、その一方で副作用も懸念されます。

また、医師の処方の元でしか入手もできません。そういう意味でもならないのが一番です。

こちらではそもそもなぜインポになるのか、またその対処方法はあるのか、について詳しく説明していきます。

1. ED(勃起不全)とは

ED(勃起不全)とは
ED(Erectile Dysfunctionの頭文字)とは、健康にも関わらず身体的または精神的なトラブルにより、性的に勃起しない状態(勃起不全)の症状を示します。

身体的なトラブルであれば原因の特定がしやすく、原因によっては比較的簡単に解決できるものもありますが、精神的なトラブルはなかなか原因の特定が難しいものが多く、治療に時間がかかります。

心因的なものは、日々の家庭や仕事におけるストレスが原因で精神が不安定になり、勃起できなくなります。これが一時的なものであれば差し障りはないのですが、これが慢性化すると問題です。

これをお読みになっていらっしゃる方を不安にさせてしまうことは本意ではないのですが、慢性化し、不安になる、それが更に悪化させる、といった負の循環を作り出すケースも多いです。

統計によると、日本では40代で2割、50代で4割、60代で8割の男性が十分に勃起できていない、EDまたはED予備軍と推計されています。

人口数でいうと実に1000万人以上の男性が該当することになります。また、最近では草食系男子などという言葉があるように、若い世代のEDも増加しており、少子化等の一因とも言われています。

2.EDのパターン

一言でEDと言っても実はいくつかのパターンに分かれます。

① 器質性ED

器質性EDとは、身体面での障害等に起因するもので、ケガや病気等により身体にダメージを受けたことによる勃起不全です。また、身体面という点では加齢による勃起不全もこちらに分類されます。

勃起に必要な身体的機能がなんらかの損傷を受けたことにより引き起こされるため、その原因要素や損傷箇所の回復により症状が改善されますか、逆に言えばその部分が回復しない場合、例えば必要な器官が失われた等、においては症状の改善も難しくなります。

また、加齢による場合では、男性ホルモンの減少や血管の劣化による血流阻害等が考えられます。こういった劣化は誰しも避けられないものですが、精力剤サプリ等でアンチエイジングは可能ですので、加齢だからと諦めることはありません。

② 心因性ED

心因性EDとは精神面での障害に起因するもので、仕事や家等の日常生活から受けるダメージや心的外傷(PTSD)によるダメージにより引き起こされます。

精神的なダメージがなぜ勃起不全を引き起こすかというと、日々のストレスにより自律神経失調症のような状態に陥った場合に、ホルモンの分泌が正常に行われず、男性ホルモンの量に影響するためです。

勃起には、テストステロンのような男性ホルモンも必要であり、これらホルモンが十分に分泌されないと勃起不全を引き起こします。

③ 混合型ED

混合型EDとは、身体面のダメージによる器質性EDと、精神面のダメージによる心因性EDの両方の要素が引き起こすEDです。

3.原因と対策

EDのパターンについてご紹介しましたが、各EDの原因と対策について詳細にご説明します。

① 器質性ED

病気やゲカによる場合

この場合は、ペニスにある神経や血管等にダメージがあり勃起不全となります。内臓の疾患や障害により、必要なホルモンの分泌が妨げられることによる勃起不全もあります。

動脈硬化、糖尿病及び泌尿器疾患などが挙げられるため、これらの患者になりやすい50代から60代が多くなります。

動脈硬化

生活習慣病の一種で、血管が硬くなり血流を阻害する疾病です。勃起はペニスに大量の血液が流れ込みそれを海綿体がスポンジの役割をして吸収し膨張する行為です。

そのため、血液の流れが悪くなると勃起しづらくなります。40代以降の男性は、加齢と運動不足により代謝が大きく落ち込み、血液の流れが滞ってしまいます。

対処方法としては、やはり適度な運動を継続することが一番です。過度な運動でなく、ウォーキングやランニングなどでもよいので習慣をつけるのがよいでしょう。

特にふくらはぎを鍛えることでふくらはぎの筋肉がポンプのような役割をし、全身の血流を良くしてくれます。ふくらはぎが第二の心臓と言われる所以ですね。

糖尿病

言わずと知れた生活習慣病のひとつです。症状が進行すると動脈硬化を併発するため、EDの原因になると言われています。偏った食生活や不規則な生活を継続すると発症します。

生活習慣病の対策は基本的にはバランスのよい食生活、規則正しい生活、適度な運動です。EDにならないためにも生活を見直してみましょう。

その他のケガや疾患

その他、ケガや病気などで、勃起機能を果たせなくなることがあります、以下に例をあげます。

・ペニスの周辺組織に病変が発生する(腫瘍等)
・ペニスがケガや病気及びその治療により損傷または一部欠損する
・特に精巣(陰嚢部分)の損傷または欠損により、必要なホルモン等が分泌されなくなる

煙草による場合

煙草に含まれるニコチンは血管を収縮させる作用があります。ホースからでる水の勢い(圧力)を高めるためにホースの先を小さくすぼめるように指で押さえる行為をすると思いますが、それと同じように血管が収縮すると血圧があがります。

血圧があがるとスッキリする、気分が落ち着くといった効果を得ることができます。

一方で、血管の収縮は血流を悪くすることになります。勃起のポイントは血流を良くしてペニスに流れ込む血液の量を増やすことですので、ニコチンの血管収縮作用は勃起機能の面からはマイナス要素になります。

ちなみにED患者の8割は喫煙者だそうです。この機会に喫煙を控えてみてはいかがでしょうか。

食生活の改善

生活習慣病とは違う観点から、EDと食生活は密接な関係があります。勃起に必要なのは十分なミネラルです。特に、性のミネラルと呼ばれる亜鉛は勃起に大きく影響します。

忙しいからとコンビニ弁当などで済ませてしまうと野菜が不足し、野菜から摂取できるミネラルが不十分となります。

野菜中心の食事にシフトし、牡蠣をはじめとする亜鉛を多く含む食材を取り入れていくことで、EDの解消に繋がります。

② 心因性ED

心因性EDは器質性EDと異なり、けがや病気、加齢による肉体 の衰えに起因するものでなく、ストレス等により精神的なダメージを被ることで発生します。

EDは高齢者に多いものと思われがちですが、それは器質性EDにはある程度当てはまりますが、心因性EDに限ってはその限りではありません。

若年性EDと呼ばれる若い世代のEDが現在社会問題となっていますが、これは心因性EDによるものが大きいと考えられます。

特に最近では、パソコン、スマホやインターネットの爆発的な普及により、人との繋がりが希薄になっていることもあり、幼いころから人と人との摩擦になれていないためか、対人ストレスに弱い人が多く、そのため精神的な負担やダメージを受けやすいと言えます。

また、DVDやインターネット動画等での性的なコンテンツ、いわゆるオカズも簡単に手に入るため、実際の女性への執着もなくなり、マスターベーションはできても、相手のいる性行為を煩わしく感じたり、気を遣ったりすることにストレスを感じたりする男性も多くなっています。

前置きが長くなりましたが、心因性EDのパターンについてご説明します。

日常生活のストレス

世界的な不況等を背景とした漠然とした生活や将来への不安感 妻子との不協・不和、仕事上のプレッシャー等、日々受け続 けるストレスはやがて蓄積します。

次のような不安要素等は、心因性EDを引き起こす要因となります。

スポンサードリンク

・会社での上司のパワハラ
・妻の浮気
・子育てがうまくいかない

20代、30代は学生という守られた状況から独立・就職・結婚等、ライフステージの大きな転換時期です。こういった環境の変化はストレスとして感じやすいのです。

人によって何をストレスと感じるかは様々で、他人から見たらたいしたことのないようなことでも、当事者にとっては重大な懸念事項であったりします。

特に、夜も眠れないほどの不安感はEDを引き起こす大きな原因となります。

PTSD(Post Traumatic Stress Disorder :心的外傷後ストレス障害)

強い恐怖や衝撃的な出来事に遭遇した際に、その状況が心の傷となって、似たようなシチュエーションで恐怖がフラッシュバックするといった症状に悩まされるのがPTSDです。

これは、睡眠障害や食欲不振といった状態に繋がり、自律神経の働きを阻害し、EDを発症させる原因となります。

例えば幼少期に虐待や性行為の強要をされたりして強いストレスを受けた場合に、成長した際にも性行為そのものに恐怖や嫌悪感がでたりして、EDを発症することもあります。

子作りへのプレッシャー

性行為の本来の目的は子作りです。そのため、子作りに関するトラブルはEDに繋がりやすいと考えられます。

夫婦生活の中でパートナーへの性的欲求はどうしても年々低下することが多く、その状態で行う性行為で満足な勃起ができなくなると、更にそれがプレッシャーとなって勃起しづらくなる、といった負の循環が生まれてしまいます。

また、男性の方が自尊心が傷つきやすく、勃起できなかった事実は心の傷にもなり、これもEDを引き起こすこととなります。こういった妻だけEDのパターンは日本では非常に多いとされています。

バーチャルな行為への依存

パソコンやスマホといったネット上の行為や社会に没頭し、現実社会での人間関係にうまくなじめないことがあります。

これらは一昔前のゲーム中毒のような状態であり、自律神経失調症を引き起こしかねません。そうすると、様々なことに興味がもてなくなり、結果EDを引き起こします。

また、インターネット上では様々な性的コンテンツが容易に手に入るようになったため、現実の女性への興味を失うケースも多いと考えられます。

心因性EDへの対応

心因性EDの対応は「睡眠」、「ストレス発散」及び「心のケア」です。

「睡眠」が不十分だと、十分なホルモン分泌がされないため、テストステロンをはじめとする男性ホルモンの分泌も不十分なものとなります。

また、睡眠を取ることで自律神経の働きも正常化され、EDの予防や対策になります。

「ストレス発散」もEDには効果的です。ストレスによる不安感の増大がEDの現実になるため、ストレス発散する方法を独自で見つけていくことは非常に重要です。

スポーツような身体を激しく動かすものや、手先の作業に没頭できるものなど、ストレス解消に繋がるものは様々ですが、なにか見つけるようにしましょう。

ただし、賭け事やインターネット依存に繋がるものは別の問題を引き起こしかねませんので、注意が必要です。

「心のケア」としては、カウンセリングのような専門家による心の治療も大事です。心因性EDは精神的なダメージにより引き起こされますため、心の傷を癒すことでその原因を取り除くことができます。

③ 混合性ED

器質性EDと心因性EDの混合型勃起不全を指す混合性EDですが、実はこれが最も多いと言われています。

身体面と精神面の両方に起因するため、原因の特定も困難であり解決されるまで長期間かかるケースがあります。

そのため、焦らずじっくり取り組むようにしましょう。変に焦っても改善するどころか悪化することもありますので無理は禁物です。

3、 最後の切り札、男性ホルモンの増加や精力サプリ

これまで意外と知られていないEDの種類やそれぞれの原因及び対処法についてご説明してきました。

EDの改善はじっくりと腰を据えて行うのが良く、なかなか短期での解決は困難であることもご理解いただいたと思います。

とはいえ、一刻でも早い解決ができればそれに越したことはありません。問題が問題だけに、男性の尊厳に関わる話でもあると思っています。

そこで、EDの解決を大きく早めるために外部からの要素を取り入れることについてご説明します。

「魔法の杖」ではありませんので、飲めば治る、といったものでないのはもちろんですが、必要とされる栄養素等分を効果的に取り入れることで、解決の一助になることは間違いないと言えます。

そういう意味で、精力サプリメントは、男性ホルモンの分泌に必要な成分などを最適な割合で配合しており、効果的に摂取することができます。

以下では、なぜ効くのか、どういった成分が有効なのか等について説明します。

EDの解消には、テストステロンという男性ホルモンが必要です。このホルモンの分泌量が不足することでEDを引き起こしますので、逆に言えばこのホルモンの分泌に必要な栄養素を摂取すれば解消に近づきます。テストステロンの分泌に必要な栄養素は以下です。

①亜鉛

性のミネラルと呼ばれる亜鉛。体内の蛋白質の合成に必要な栄養素であり、精子の生成やテストステロンの分泌にも大きく関係します。

牡蠣をはじめ、海苔、卵、納豆、レバーなどに多く含まれます。亜鉛は体に蓄積されないため、摂り溜めはできず、日常的に摂取するのが効果的です。

②アルギニン

血管の拡張作用があるアミノ酸の一種です。勃起はペニスへの血液の流入により起こるため、全身の血液の流れを良くする一酸化窒素を取り込むことでEDの解消に寄与します。

アルギニンはその一酸化窒素を発生させることと、テストステロンの分泌にも関与していますので、積極的に取り入れたいところです。

また、全身の血液の流れを良くすることで、動脈硬化といった生活習慣病の予防にも役立ちます。

ただし、アルギニン単体での摂取では効果はなく、次に示すシトルリンとの同時摂取により効果を発揮します。

③ シトルリン

効果はほぼアルギニンと同様のアミノ酸です。単体では体内に吸収されず、アルギニンとの相互作用で血管拡張による血流の改善などが期待できます。

ただし、日常の食事による十分な量の摂取は困難であり、アルギニンとシトルリンをバランスよく配合したサプリメントにより効率よく摂取することができます。

④ マカ

こちらも有名な栄養素です。南米で植生する植物から抽出したもので、滋養強壮や精力増強の効果として現地でも利用され、天然のバイアグラと言われています。

その効果はホルモンの分泌作用や自律神経のバランスの調整などであり、器質性EDと心因性EDの両方に効果があります。

EDは世の男性の悩みであり、簡単に改善するものではありませんが、日々の生活の改善やストレス発散といった日時生活の見直しを行うと共に、サプリメントを併用していくことで、内部と外部の両面から解消することが効果的です。

 


最新版のペニス増大サプリを徹底検証

すべて実際に使って客観的なデータを集計した増大サプリおすすめランキング大公開!使ってみてわかったメリットや特徴をくまなくご紹介します。短小や精力減退で悩んでいる方はぜひご覧下さい。ギンギンにそり立つ巨根を手に入れて自信を増大させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です