風俗好きは要注意!性感染症(STD)の基礎知識と感染の予防法まとめ

風俗好きは要注意!性感染症(STD)の基礎知識と感染の予防法まとめ

風俗によく行く人、女性が大好きな方なら、性病(性感染症、STD)について一度は心配したことがあるはず。

中でもクラミジア、梅毒、淋病、HIVといった病名には聞覚えがあるのでは?

これらの原因は、細菌やウイルス、寄生虫など様々です。

自覚症状が少ないことや、恥ずかしいという心理が邪魔をして、医者にかからないでいるうちに、パートナーに感染させてしまうこともよくあります。

今回は感染しやすく、症状が出にくい性病(性感染症、STD)をピックアップしてそれらの予防策をお伝えしていきます。

性感染症(STD)って?

性病というと、漠然とセックスで感染する病気というイメージを持っていると思います。

最近では「病気」という言葉を避け、性感染症と呼ばれるようになってきました。

つまり、性病=性感染症=STD(Sexually Transmitted Diseases)となります。

どちらの呼び名であれ、性行為から感染する病であることに変わりはありません。

挿入なしでも感染!

性感染症(STD)の直接的な原因は、ズバリ性器同士の接触に他なりません。

しかし、そうした行為をしなくても、性感染症(STD)にかかってしまうことは十分にあり得ます。
ということは、コンドームをしていれば大丈夫という訳にはいかないのです。

こちらが盲点となってしまって、多くの方が性感染症(STD)にかかっているのです。

感染ルートには小さな傷口や粘膜なども

性感染症(STD)は口腔内の粘膜からも感染します。
風俗に慣れている方はすぐに気づかれたと思いますが、たとえ本番はなかったとしても、「生フェラ」サービスが可能な店であれば、性感染症(STD)に罹患する恐れはあります。
それどころか、入店や帰る時のキスだけでも感染る可能性はあるのです。
ですから、性感染症(STD)を予防したいのであれば、性行為はもちろん、オーラルセックスなどを含め、不用意に風俗店を訪れるのは控えた方がいいでしょう。

代表的な性感染症(STD)と予防策

性感染症というと

・ クラミジア
・ ヘルペス
・ 淋病
・ 梅毒
・ 毛じらみ
・ HIV

などが一般的です。

これらの中でクラミジア、ヘルペス、淋病は特に注意が必要です。なぜなら、どちらも症状が出にくく、感染に気づかないことが多いからです。

自覚症状がないため、知らない間に他人にうつしてしまったり、逆に、気がつかないうちにもらってしまうこともよくあります。

それでは、いったいどうしたら良いのでしょうか?

そこで、これからクラミジア、ヘルペス、淋病それぞれの感染経路や治療方法について、詳しく見ていきましょう。

クラミジア

クラミジアは、コンドームをつけないでするアナルを含むセックスや、フェラなどのオーラルセックスで感染する、我々の最も身近にある性感染症(STD)です。

日本では最も高い感染率を誇り、なんと年間1万人以上が罹患しているという報告もあるほどです。

なお、それだけ多くの感染者がいても、これといった目立つ症状がないこともあり、なかなか感染に気づくことが難しい性感染症の一つで、10代の若い世代への蔓延が懸念されています。

そんなクラミジアの気になる症状は、尿道炎が引き起こされることによる排尿痛が大半なようです。

クラミジアの予防法

性器周辺が感染源になるため、セックスの時にコンドームを使うことにより、かなりの確率で感染を防止出来ます。

また、喉の粘膜にもクラミジアが感染している場合もあるため、フェラやクンニなどのオーラルセックスにも要注意です。

ピンサロなどの生フェラ抜きサービスでも、口内から感染する可能性は十分あるのです。

ですから、そういったサービスのある風俗店でも、気持ち良さは半減してしまいますが、コンドームを付けた上でフェラしてもらうことをお勧めします。

もちろん、パートナー以外の人との性交渉は出来るだけ控えることが、最大の予防法、不必要なセックスをしないことで、感染率が大きく下がります。

スポンサードリンク

クラミジアの治療方法

抗生物質での治療が可能です。男性は、泌尿器科、女性なら産婦人科を受診してください。もちろん、性病科であれば男女問わず診察してもらえます。

また、喉に異常が感じられた場合は、耳鼻咽喉科を受診してください。

ヘルペス

ヘルペスの症状では、かゆみや痛みを伴う水疱が見られます。

ですが、このヘルペスもクラミジア同様、自覚症状が少ない性感染症で、恐ろしいことに、感染者の3割にしか症状が見られません。残りの7割は無症状のため、気がつかないうちに感染が拡大していることがあります。

また、ヘルペスには2種類があって、唇に感染したものを1型、性器に感染したものを2型と呼びます。

かつては型をまたいでの感染はしないと考えられていましたが、それは誤りで、現在では型に関係なく感染ることが分かってきました。

ということは、性器同志の接触だけでなく、オーラルセックスでも感染するということを意味していることにご注意ください。

ペルペスの予防法

感染していたとしても、発症して水疱などの症状が出ていない場合には、感染率はそれほどでもありません。

コンドームなどで十分感染を防ぐことが可能です。

ただし、水疱が出ている場合、その中には大量のウイルスが存在しており、それが性行為の摩擦によって破れたりすることによって感染していきます。

ですから、水泡などの症状がある時には、セックスを控えるのが最大の予防法になります。

ヘルペスの治療方法

抗ウイルス薬での治療が可能です。唇に出来たものは、約1〜2週間で自然治癒することもありますが、再発を繰り返す恐れもあるため、薬でしっかりと治すことが肝心です。

また、感染がわかったら、発症を防ぐためにも抗ヘルペス薬は有効です。

淋病

淋病はクラミジアやヘルペスと同様に生セックスやオーラルセックスで感染する可能性があります。
感染すると3日〜5日の潜伏期間を経て症状が出てきます。

症状はクラミジアに似て、尿道炎を発症することによる排尿困難が多いです。

また、この症状は男性に現れることが多く、女性には目立った症状がありません。

ですから、女性は無自覚のうちに男性に感染させてしまっていることが多いのです。

淋病の予防法

クラミジアやヘルペスと同様に性行為の際にコンドームを着用することによって、感染率はかなり下げることができます。

女性は症状が出にくいので、自分のマンコが感染していることに気づかないことが多いです。そのため、風俗店やその場限りの関係の場合には、クンニなどのオーラルセックスを控えるようにすることが肝要です。

淋病の治療方法

抗生物質での治療が可能です。症状が出やすい男性は痛みや違和感があったらすぐに性病科もしくは泌尿器科を受診してください。

また、発症した男性のパートナーも感染している可能性が高いため、お相手に症状がなくても、念のために医療機関を受診しましょう。

不安なら性病検査キットで確認を!

これまで説明してきましたように、性感染症(STD)の多くは、わかりやすい症状が出にくく、感染に気づかない場合も多々あります。

セックスだけでなく、ディープキスだけでも感染することもあるため、風俗店に行ったことがある方であれば「あれはヤバかったかも!」と不安で悶々しているのではないでしょうか?

でもご安心ください。身に覚えのある方には性病検査キットがあります。

アマゾンなどでも数千円で販売されていて、キットを郵送するだけで性感染症かどうかがわかる優れものです。

風俗大好き、女遊びが激しい、そんなあなた、自分の健康はもちろん、パートナーに対しての責任も含めて、検査をしてみてはいかがでしょうか?

結局のところ性感染症(STD)って・・・

性感染症は特別なことではなく、誰でも感染の可能性があります。

「自分は大丈夫だろう」という根拠のない自信は捨て、いつでもコンドームを着用し、しっかりと予防をすることが大事です。

そうすることで、自分とパートナー両方の身体を守ることが出来るのです。

 


最新版のペニス増大サプリを徹底検証

すべて実際に使って客観的なデータを集計した増大サプリおすすめランキング大公開!使ってみてわかったメリットや特徴をくまなくご紹介します。短小や精力減退で悩んでいる方はぜひご覧下さい。ギンギンにそり立つ巨根を手に入れて自信を増大させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です