早漏や遅漏を克服・改善する方法11選まとめ

早漏や遅漏を克服・改善する方法11選まとめ

男性の悩みのなかで、EDと並んで深刻なのが、早漏と遅漏です。

早漏の場合には、女性を満足させられないままにフィニッシュしてしまう、という劣等感が男性のなかに、常につきまといます。

遅漏の場合、女性の身体に負担をかけてしまう心配に加えて、男性自身のEDの原因にも繋がります。

いずれにしても、男性にとって深刻な問題。早漏や遅漏を改善する対策をご紹介いたします。

早漏とは

日本人男性の半数以上が、早漏を自覚しているのだそうです。早漏の具体的な症状としては、セックス時に、相手の女性が満足していないうちに、フィニッシュしてしまうこと。

挿入後、30秒射精をコントロールできずイッてしまい、一瞬でセックスが終わってしまいます。

相手の女性の反応を確かめながらセックスをすすめる、色々な体位を楽しむ、といったことができず、常に、女性を満足させられないという劣等感が頭から離れません。そ

うした精神的ストレスが原因でEDになってしまうこともあり、深刻な悩みです。ここからは、自宅で、自分で行うことができる、早漏を改善する方法を6つ、ご紹介いたします。

早漏改善方法1.寸止め訓練

寸止めで早漏防止

早漏とは、言ってみると、寸止めができない状態。訓練をして、イキそうになるのを寸止めできるようにします。

具体的な方法としては、オナニーをして射精しそうになったら、刺激をやめ一度落ち着かせます。自分の限界のラインを知って、刺激をストップして、射精をコントロールするのです。

例えば、普段階段を使わない人が、急に3階まで階段を登ると、息切れしてしまいますよね。ところが、階段で登ることを日課にしている人は平気です。

ペニスへの刺激というのも、何度も繰り返すうちに、慣れてきて、過剰反応しなくなります。早漏は、セックス初心者に多く見られるというのも、こうした理由からですね。

訓練で寸止めを繰り返すことにより、射精をコントロールできるようになるというわけです。

ポイント

オナニーに身をゆだねてしまってはいけません。この我慢が早漏改善につながって、女性ともっと気持ちよく快感を共有できる、と思って頑張りましょう。AVの抜きポイントで、我慢できるようになれば、自信がつきますよ。

早漏改善方法2.スローオナニー

自分の挿入時間の目標を決めて、オナニーの時も、その時間は射精しないよう我慢するスローオナニーに取り組みましょう。

目標挿入時間の2倍を目安に

オナニーは、自分のペースで快感を得てフィニッシュできるもの。けれど、早漏対策のために、このメリットを少し我慢して、自分に負荷をかけましょう。

スポーツや受験などもそうですが、練習でできないことは本番でもできないものです。普段の練習をしっかりして、自信を持って本番を迎えることで、結果がついてくるのです。

もし、本番の女性とのセックスで、15分以上挿入していたい、と目標を定めたなら、練習のオナニーではその2倍の30分、射精を我慢します。

はじめから30分も我慢できない場合には、10分20分、と少しずつ時間を増やしていくとよいでしょう。しばらくの間、継続して練習することが大切。

つい今日は快感におぼれよう、と思ってしまいますが、それは禁物です。継続こそ力なりです。

完全に勃起している時間を計測する

スローオナニーは、より長い時間の挿入を実現させるトレーニングです。ペニスが完全に勃起している時間を図りましょう。

スローオナニーは、自分との闘いです。相手がいないからこそ、自分を律して、自分に厳しくあること。

どうしても、すぐにフィニッシュしてしまう方は、寸止めトレーニングをして、勃起維持に努めましょう。

ペニスの興奮状態を維持する

射精を遅らせるためには、気持ちを落ち着けることが大切です。ただし、落ち着きすぎてペニスが萎えてしまっては本末転倒。

気持ちを落ち着けつつも、ペニスはしっかり勃っている状態がベストです。手でペニスを刺激する、AVなどで視覚的に刺激を加える、などして、ペニスを興奮状態に維持します。

今にも射精しそう、だけれど、ギリギリしない、状態を保ち続けましょう。興奮状態の維持には、精力剤の利用もおすすめです。

そもそも精力不足では、実際のセックスでも、ペニスの力強い状態を保持できません。クラチャイダムなど自然由来の成分の精力剤などを摂取して、体の奥底からの精力をみなぎらせましょう。

早漏改善方法3.ペニスを頻繁に触る

亀頭を露出させてこまめに刺激する「ペニスタッチ」
日本人男性の、実に、7割が包茎なのだそう。包茎というのは、ペニスが皮に守られている状態にあることです。

ペニスが勃起すれば、亀頭が出現するのですが、普段は隠れているので、外的刺激に慣れていず、セックスの際に過剰反応を起こしてしまうのです。

包茎は、早漏の原因のひとつ。常に意識して、ペニスを剝いて触りましょう。このペニスタッチを繰り返すうち、ペニスの耐性をアップさせることができます。

亀頭は本来、勃起せずとも下着にこすれるなどして刺激を受ける場所です。包茎の場合、こうしたことがないので、心がけて、皮を剝き、こまめに露出させましょう。

外的刺激を習慣化させることで、早漏対策に有効となります。また、亀頭をなるべく剥けた状態にしておくことで、亀頭の大きさのアップも期待できます。

ペニスサイズアップを目指して「チントレ」

前述の、スローオナニーやペニスタッチに加えて、チントレをしましょう。ペニスそのものをしっかり刺激して、早漏改善だけでなく、ペニスサイズアップを目指せば、怖いものなしです。

早漏改善方法4.セックスを想定したオナニー

いろいろなトレーニングを重ね、オナニーでは目標挿入時間を達成できるようになった、にも関わらず、本番のセックスでは、一向に早漏が改善できないということがあります。

当然と言えば当然ですが、セックスとオナニーは違います。自分で行うオナニーを、少しでも本番のセックスに近づけることで、ペニスを本番のセックスさながらの刺激に慣らせることが大切。その方法をご紹介いたします。

ローションの利用

乾いた手で刺激するオナニーとは違い、女性の膣の中というのは、ねっとり潤っているものです。できるだけセックスと同様の感覚にペニスが慣れるよう、ローションを利用してみましょう

ローションを人肌に温めて、ペニスに塗りながらオナニーすることで、少しでも本番のセックス、本当の女性の膣に近づけることができます。

ペニスの触り方を変化させる

オナニーでは、つい快感を得られるポイントばかりを追求してしまいがちです。ですが、本番のセックスは相手のいるもので、常に同じポイントを刺激されるわけではありません。

トレーニングを目的としたオナニーでは、ペニスをまんべんなく触るよう心がけます。手の動かし方にも変化を加えます。

握り方やスピードなど、さまざまに工夫して、できるだけ多くの種類の刺激を、ペニスに覚えさせることが大切です。

オナホールの利用

オナニーでは我慢できるのに、本番のセックスでは早漏が治らない、という場合、オナホールの利用をおすすめします。

最近のオナホールは、まるで本物のような質感です。研究が重ねられ、本物の膣の形状や質感を再現しています。商品選びに迷ったら、TENGAがおすすめです。

早漏改善方法5.風俗を利用する

早漏改善を目指して、専門のクリニックを受診するのもひとつの方法です。外科的な包茎治療、射精を遅らせる薬の処方などがおこなわれます。

ただし、これらの治療は、保険外診療となることが多く、高額な医療費がかかってしまうこともあります。

そこでおすすめなのが、風俗の利用です。風俗でいわゆる「ヌキサービス」を受けることで、早漏対策が期待できるでしょう。

風俗で女性に直接刺激される体験は、早漏対策にうってつけ。心と体を性的刺激に慣らすこと、経験値をあげることができるのです。

風俗は費用がかかる、と感じる方もいますが、前述のクリニック受診のことを考えれば、それほどの金額ではありません。

早漏の治療と思えば、安いものではないでしょうか。また、せっかく風俗に行くのなら、ペニスサイズのアップにも努めて、ビッグペニスで挑めば楽しさアップです。

ポイント

風俗の利用は、早漏の治療に、思いのほか良いものです。本気でお付き合いしている女性には、お願いできないことも、風俗嬢にならお願いできるのでは。風俗嬢に身をまかせて、快感を得ながら、早漏の治療になるなんて、素晴らしいですね。

早漏改善方法6.厚手のコンドームを使用する

一般的なコンドームの薄さは0.03ミリ。コンドームは薄いほど、より生に近い快感を得られることから、各メーカーの努力により、0.01ミリという極薄コンドームも販売されています。

ただし、早漏に悩む男性にとっては、この薄さは逆効果ですね。そこで、おすすめなのが、厚手のコンドームの利用です。

早漏の治療の一環として、手術でペニスにコラーゲンを注入して、感度を鈍らせるというものがあります。

この原理と同様、厚いコンドームをペニスにはめることで、感度を鈍らせて射精を遅らせる商品です。

コンドーム製造会社のなかでも有名な、株式会社オカモトでは、厚さ0.1ミリの「ゴクアツ」という名前のコンドームを販売しています。

ちなみに、ラブホテルなどに常備されていることは考えにくいので、いざという時のために、財布の中に準備しておくことをおすすめします。

ゴクアツは、今や、早漏に悩む男性の必需品となっていて、口コミ上々です。いくつかご紹介いたします。

<amazon>
・通常2~3分でフィニッシュしてしまうペニス。ゴクアツのおかげで10分以上持ちます。
・早漏で悩んでいたのですが、ゴクアツを装着して5分長く維持できるようになりました。
<楽天>
・20秒しかもたなかったペニスが、3分くらいに。もっと厚みが欲しいくらいです。

遅漏とは

遅漏とは、前述の早漏の逆に、長時間、射精できない状態が続くことです。具体的には、挿入してから射精までに30分から数時間かかる、セックスの途中で一度休憩することが必要、という場合、遅漏を疑いましょう。

また、女性の膣内への挿入では射精できないけれど、手や口でならフィニッシュできる、というのも遅漏のひとつの症状です。

遅漏は、セックスを長時間楽しむことができる、という良い印象を抱きがちで、早漏のように問題視されにくい症状でもあります。

ですが、遅漏は女性にも負担が大きく、男性のEDを引き起こすこともあるなど実は深刻です。セックスの最中に、中折れしてしまいフィニッシュを迎えられないというのは、男性にとって深刻で、ウツなどの精神的な病気の引き金にもなります。

この症状を「膣内射精障害」と呼び、勃起不全にもつながることもあります。なかでも、経験を重ねて遅漏が進んできた方は、特に注意が必要。EDの前兆である場合もあるからです。

では、遅漏の具体的な改善法を、5つご紹介いたします。

スポンサードリンク

遅漏の原因の大半は、オナニー

オナニーを重ねるごとに、より強い刺激がないとフィニッシュできなくなることがあります。

強い刺激のオナニー以外、つまり女性とのセックスでは射精できなくなり、これが遅漏です。

男性フィニッシュできないと、女性は、自分が悪いから相手が射精できなかったのかな、と悩んでしまいます。

ポイント

遅漏は、実は早漏以上に悩ましい問題かも知れません。どうせフィニッシュできないなら、セックスしないでおこうと思ってしまう人もいるそう。遅漏は、オナニーの癖を改善することで、改善の道が開けます。諦めないでくださいね。

過剰な物理的刺激はNG

オナニーというのは、自分のペースで好きにペニスを刺激できるのがよいところ。本番のセックスより簡単に快感を得られます。

例えば、床やベッドなどにペニスを押し付ける、かなり力強く手で刺激するなど、強力なオナニーの快感に慣れてしまうと、セックスでは刺激不足となり、快感を得にくくなります。

強力なオナニーを習慣化させると、やがて、ペニスは、そうした強い刺激でないと射精しなくなってしまいます。

過剰な視覚刺激はNG

最近は、ちょっとグーグルで検索すると、過激なエロ動画が無料で見ることができます。誰でも簡単に過激で無修正の動画を鑑賞できる時代。

そもそも、AVやエロアニメというものは、およそ現実の女性とのセックスではありえない場面が映し出されています。

こうした映像を日常的に見ていると、脳は刺激に慣れてしまい、現実のセックスで満足できない状態になってしまうのです。過激なエロ動画の見すぎは、遅漏の要因となります。

遅漏の悪化で起こる膣内射精障害

遅漏が進むと、膣内ではどうしても射精できない状態となり、これを膣内射精障害と呼びます。

遅漏は、時間をかければ射精できる状態、ですが、膣内射精障害は、どう時間をかけて頑張っても射精できない状態です。

女性とセックスしても、最後は自分の手でなければ射精できないという場合も、膣内射精障害の可能性が高いです。遅漏と同様、強すぎる視覚的刺激や物理的刺激、過剰なオナニーが原因のことが多いです。

遅漏の予防と改善

遅漏には、いくつかの要因があります。血流の滞りや加齢などの肉体的な問題、ストレスやトラウマなど精神的な問題。

頻回すぎるオナニーや、過激すぎるAVなどの視聴など。前者の肉体的な問題は、生活習慣を良くする、専門のクリニックの受診する、ストレスを軽減させる、などによって、改善を目指しましょう。

一方、後者の、過激なAVの視聴などの場合は、それらを制限することが第一です。具体的な対処法について見ていきましょう。

遅漏改善方法1.オナニー禁止

男性というもの、体に溜まった精液を、定期的に外に出したくなるのは当然のこと。思えば10代の頃、道を歩いていて、前の女性のお尻にムラムラしてしまった経験は、誰しも持っていることではないでしょうか。

これまで毎日いそしんでいたオナニーを、急にやめてしまっても大丈夫なのか、と不安がよぎります。ですが、遅漏など男性機能低下を改善するためには、オナニー禁止が効果的です。

オナニーを我慢することにより、体内でテストステロンの分泌が促進されるのだとか。テストステロンは男性の性欲に必要不可欠な物質です。テストステロンの分泌がアップすると、遅漏や膣内射精障害の改善にもつながります。

オナニー禁止の具体的な方法は、オナニーを8日に1回にすることです。オナニーを制限して自分自身をムラムラさせておくことで、日常生活のなかでの性的な刺激に敏感になります。精力剤を利用して、ムラムラをさらに高めるのもひとつです。

また、オナニーによるペニスの物理的刺激を減らすことで、ペニス自体も敏感になります。さらには、オナニーのお供であるAVの視聴を減らし、非現実的な世界から解放されることで、生身の女性の魅力に目覚めます。ただし、EDのような勃起不全の場合は、別の方法が必要です。

遅漏改善方法2.コンドーム・マス法

コンドーム・マス法は、医療の現場でも用いられている方法です。まず、コンドームとローションを準備します。

コンドームのなかに、ローションを注ぎ、それをゆっくりペニスに装着します。そして、圧力や摩擦がペニスにかかりすぎないように、コンドームごと滑らします。

コンドーム・マス法は、激しすぎるオナニーを原因とする、遅漏や膣内射精障害に効果的だと言われていて、中折れなどの症状の改善も期待されます。自宅で簡単に取り組むことができるのもメリットです。

遅漏改善方法3.撫でて抜くオナニー

ペニスは、激しいオナニーなどで、日常的に強い刺激を加えていると、感度が鈍り、本来のセックスで快感を得にくくなってしまいます。

こうした場合、「撫でて抜く」オナニーが、効果的。まず、ローションをペニスに塗ります。中指と人差し指を揃えて、ペニスにあてがい、ペニスの根元から先端まで、ゆっくり撫でながら滑らせます。

弱い刺激で快感を得られるようにする方法なので、くれぐれも刺激を強くしないようにしましょう。

これまで強い刺激に慣れていたペニスは、はじめは弱い刺激では感じにくいのですが、時間をかけて弱い刺激に慣れていきます。

そして、優しい刺激だけで快感を得られるように変化し、リアルな女性とのセックスで快感を得ることができるように。遅漏や膣内射精障害の改善に、試す価値ありの方法です。

遅漏改善方法4.オナホールの使用

オナニーは、自分の手で行うため、つい自分の好きなようにペニスを刺激してしまいがち。実際の女性を相手にしたセックスでは、そういうわけにはいきません。

自分の手でないとフィニッシュできない方や、中折れをしてしまう方におすすめなのが、オナホールを使ったトレーニングです。

オナホールを利用するときは、イマジネーションを膨らませることがポイントです。本番のセックスさながら、頭でイメージしながらオナホールを利用することで、さらに遅漏の改善に繋がります。

また、オナホールのなかには、より強い快感が得られるよう工夫された、次世代型オナホール、なるものもあり、現実のセックスより快感を得られてしまうのだとか。

こうした商品は、遅漏などの改善には向きません。なるべくシンプルなオナホールをチョイスしましょう。おすすめなのは、TENGAです。まるで本当の女性の膣のような形状と質感です。

遅漏改善方法5.妄想オナニー

AVを視聴しすぎて、生身の女性とのセックスで快感を得にくくなってしまった方に効果的なのが、「妄想オナニー」です。AVなしで、自分の想像だけで射精を目指す方法です。

頭のなかで、イメージを膨らませて、物語を展開させましょう。AVというのは、万人受けを目指して作られたフィクション。画面の構図をはじめとして、登場する女性をより美しく撮るよう工夫し、演出しています。

人間の視覚からの刺激は、脳に強烈に作用するもので、AVやエロ動画に脳が慣れてしまうと、それとは違う現実世界のセックスを受け入れられなくなってしまうのです。

なお、自分のなかで作り上げる性的なイマジネーションは、AVのように実際のセックスの妨げにはなりません。むしろ、脳を興奮状態にしてペニスの感度をあげてくれます。

なお、AVに慣れている方は、はじめのうち、イマジネーションを膨らませることや、想像だけでフィニッシュを迎えることが少し難しいかもしれません。女性のヌード写真など、静的なアイテムを用いることからはじめるといいでしょう。

EDの原因と対策

遅漏は、勃起するけれど射精に時間がかかるか射精できない状態。ED(勃起不全)は、そもそもの勃起ができない状態です。

これらは深い関連があり、遅漏から膣内射精障害に、そして膣内射精障害からEDに進行することが大いに考えられます。

特に、近年、本来ギンギンであるはずの若年層でのED発症が増加していて、深刻な問題となっています。EDの原因は大きく4つあります。

1.精神的な原因(心因性ED)

不安や緊張といったストレスから発症する勃起不全を、心因性EDと呼びます。日々のストレスや過去に受けたトラウマなどから発症し、若年層に多い症状です。

原因となるストレスを取り除くことが、解決への糸口で、それができれば、飛躍的に状況が改善されます。

2.肉体的・物理的な原因

勃起は、ペニス海綿体に脈々と血液が流れることで起きる現象。何らかの原因で血流が滞ると、それに伴い、ペニスの勃起力が弱まります。

血流が滞る要因は、生活習慣病や加齢などです。動脈硬化や肥満などの生活習慣病を要因とする場合は、病気を治療することで、EDの改善につなげることが可能です。

3.男性ホルモンの低下が原因

男性ホルモンであるテストステロンは、勃起をはじめとする男性機能を司る重要な物質です。主に睾丸で分泌されるのですが、何らかの原因で、正常に分泌されなくなることがあります。

原因としては、ストレスや加齢、偏った食生活や睡眠不足などで、体内環境が乱れて、勃起不全などを引き起こします。この場合、なんといっても、規則正しい生活を取り戻すことが先決です

食生活の改善、質の良い睡眠、さらには禁煙など、男性ホルモンであるテストステロンの分泌促進を目指して、できるだけ健康的な生活を送りましょう。

健康的な生活は、EDの改善に効果的です。健康的な生活をすることに加え、アルギニンを多く含むサプリを利用すると、さらに男性機能アップに効果的でしょう。

アルギニンを多く含むサプリはたくさんありますが、なかでも、「バイタルアンサー」がおすすめ。

含有アルギニン量は、サプリ業界トップクラスとも言われ、男性ホルモンの分泌低下を要因とする勃起不全に効果が期待されます。

4.アダルトコンテンツの過剰視聴が原因

以前なら、AVを見ようとすると、レンタルショップなどに借りに行かねばなりませんでした。ところが、最近は、ネットで簡単に誰でも、エロ動画を見ることができてしまいます。

レンタルショップに行くときのようなハードルがなく、大人も子供も手軽に世界中の過激な映像を見ることが可能な時代。海外のXvideos やPornohubは、今や、一般的なコンテンツです。

AV世界の映像は、より過激に刺激的になるばかり。現実世界ではありえない行為が画面のなかに繰り広げられます。

違法でない限り、楽しみ方は自由なのですが、あまり過激な映像を見すぎると、脳がそれに慣れてしまい、現実にある生身の女性との普通のセックスに満足できなくなります。

そして、それが進行して、EDを発症してしまうケースがあります。

早漏と遅漏を改善して、女性と一緒に快感を得よう

男性が、よりよいセックスを楽しみたい、もっとピストンしたい、と思うのは、自然の摂理です。

質の良いセックスを営むために、ペニスのコンディションを悪くする習慣はやめましょう。過激すぎるオナニーや、AVの見すぎもしかり。

早漏や遅漏に悩んでいる場合、生活習慣やオナニーのやり方を変えることで、改善に繋げることができます。

快感のままにオナニーをするのではなく、トレーニングとしてオナニーを取り入れること。それぞれの症状に合わせて、トレーニングに励みましょう。

早漏や遅漏を改善して、愛する女性とのセックスを心ゆくまで楽しみませんか。

 


最新版のペニス増大サプリを徹底検証

すべて実際に使って客観的なデータを集計した増大サプリおすすめランキング大公開!使ってみてわかったメリットや特徴をくまなくご紹介します。短小や精力減退で悩んでいる方はぜひご覧下さい。ギンギンにそり立つ巨根を手に入れて自信を増大させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です