女性の本音は「前戯で萎える男性なんてありえない!」勃起を維持する方法を徹底解説

女性の本音は「前戯で萎える男性なんてありえない!」勃起を維持する方法を徹底解説

女性とセックスしている時、前戯をしている間に萎えてしまった経験を持つ男性が、意外にも多いことをご存知でしょうか?

最初はやる気まんまんでスタートしたはずなのに、前戯をしていたら「おや?なんだか力が出ないぞ・・・・」という状況に。

そのまま息子が再起不能になってしまうことがある人、けっこういるんですよね。

そうなってしまったら、挿入のためにお相手の女性にフェラをしてもらうか、自分で触ってなんとかするしかありません。

ですが、実はこの状況、お相手の女性にとってもかなり辛いことなんです。男性も好きで萎えてしまったわけではないところが、よりややこしい点になります。

セックスをする度に、お相手の女性ががっかりするのを見るのは、男性にだってとても辛いことなんです。

あまりにも深刻に考えすぎると、そのストレスが原因でEDを引き起こす男性がいるほど根深い問題にもなってきます。

そこでここからは、前戯中に萎えてしまう男性に対する、女性の赤裸々な気持ちを明らかにしつつ、その原因と対策を紹介していきましょう。

前戯で勃起しない男はNG?!

前戯で勃起しない男はNG?!

答えはもちろん「Yes」です。

相手を勃起させるのも腕の見せ所!とばかりに張り切る女性もいることはいますが、これはかなりの少数派であると思った方がいいです。

お相手の女性は、自分の魅力で男性に性的な興奮を与えたいと思っているのが基本です。

例えば、自分の体を見たり触ったりして、男性が勃起することで初めて、女性は自分の魅力を実感し、自信を持つようになれるからです。

それでは、裸の自分を見て、それまでは勃起していた男性が、萎えてしまったりしたら、女性はいったいどんな気持ちにさせられるでしょうか?

「私って、そんなに魅力がないのかしら?」
「ムダ毛の処理が甘かったかしら?」
「もしかして臭ってる……?」

などなど、それこそ様々な不安が押し寄せてきてしまって、気持ち良さを感じるどころではなくなってしまいます。

おまけに「フェラして」などと言われてしまったら、自分の魅力がないことを、それでカバーさせられてしまったような、惨めな気持ちでいっぱいになることでしょう。

その上「フェラしても気持ちよくさせてあげられなくて、勃起しなかったらどうしよう?」なんて思い出したら、セックスを楽しむことなんて到底無理な話です。

こうなってしまうと、いくらあなたが「可愛いよ」なんて言っても、もう遅い。お相手の気分はシラケるばかりです。本来セックスの快感は、気持ちと直結しているので、もうダメです。

彼女は「早く終わってくれないかな〜」って考え出すことになってしまいます。そもそも、萎えたペニスの男ともう一度セックスをしたいと思ってくれる女性はそうそういません。

よっぽどの信頼関係で結ばれたカップルでもないと、前戯中に萎えてしまう男性のセックスライフは充実しないと断言します。

前戯中に相手に萎えられてしまった女性の心理って?

それはもう本当にガッカリです。中には不安でたまらなくなる方もいるでしょう。

いろんな理由付けや対応策で頭がいっぱいになってしまい、セックスに集中することができなくなってしまいます。

理由としては、

「太り過ぎだからかな?」
「胸がぺったんこだからかな?」
「ムダ毛がチクチクして痛いからかな?」
「あそこが臭ったからかな?」
「先にお風呂に入ればよかったのかな?」
「今からでもお風呂に入ろうって言った方がいいのかな?」

あたりでしょうか。

自分の体全てに自信を持っている女性なんて、ほんの一握りの存在です。

多くの女性達は、自分の体に何らかのコンプレックスを持ち、それを克服するために、日夜戦っているのです。

ですから、女性にとって男性の前で裸になるというのは、本当に勇気の必要な行為になります。

ましてや、最近の男性はテレビやネットの世界でスタイル抜群の女優やアイドル、モデルなどを見慣れているわけですから、普通の女性が対峙しなくてはならないハードルは上がるばかりです。

そんなこんなを乗り越えて、裸になってみたら、相手の男性が萎えてしまったとしたら・・・・・・。

ショックのあまり、セックスに対してトラウマを持ってしまってもおかしくありません。

シャレにならない話ですよね・・・・・・。

萎えチンを前に女性は演技する!?

前戯中に男性が萎えてしまい、自分の女性としての魅力不足を痛感し、不安になった女性は、いったい何をするでしょうか?

それは、「演技」です。

彼の愛撫に感じている以上に大げさに喘いてみたり、挿入後はすぐにイッたフリをしてみたりと、彼のペニスを何とか勃起させるために、それはそれは涙ぐましいほどの努力をする女性もいます。

しかし、残念ながらこうした努力は大抵の場合、長くは続きません。

そもそも、本当に気持ちがいいわけではないから、「感じてるフリ」「イッたフリ」をしているので、だんだん面倒になってしまいます。

更に言うと、セックスで十分な快感を与えてくれない男性への愛情は、徐々に薄れていってしまうのが女性なんですよね。

そんな女性の気持ちも知らずに「フェラで勃たせて貰えばOK」などどいう単純な考えの持ち主の男性は、絶対にモテません。

「セックスの上手な男性から、女性は離れられなくなる」というのは、真理なのです。

前戯で萎える原因とその対策とは?

お相手の女性を喜ばせようと、必死に頑張っていたのに・・・

最初はやる気まんまんだったのに・・・

なぜか息子が反応してくれなくなってお困りのあなた。その原因を突き止め、対策をしっかりすることで、その悩みはきっと解決できます。

緊張・不安などの心理的なストレス

例えば、授業中にぼーっと先生の話を聞いているうちに勃起してしまっていた、なんて経験はありませんか?

でも、そんな時に、突然指名されてみんなの前で答えを発表しなければならなくなったらどうでしょう? 勃起は急速に衰えていくはずです。

人体では、緊張状態を作り出す「交感神経」と、リラックス状態を作り出す「副交感神経」の順位が常に入れ替わっています。

そして勃起が起こるのは「副交感神経」が優位にある時、すなわちリラックス状態にならないと、ペニスは勃起しないのです。

ですから、前戯中に萎えてしまう男性は、ひょっとしてその最中になんらかのストレスによって「交感神経優位」の状態にさせられてしまっている可能性があります。

「本当に気持ちいいのかな…」
「あそこも舐めた方がいいかな…」
「ペニスが小さいと思っているのかな…」
「早漏だけど、満足させられるかな…」

自分に自信のない方ほど、以上のような不安を抱えながら、前戯に臨んでいるのではないでしょうか?

経験が少なければ少ないほど、そういった傾向が強くなりがちです。

気持ちはわかりますが、そうした緊張状態にあると、目の前のお相手の女性に集中できず、勃起を萎えさせてしまうことになってしまいます。

ストレス(緊張)に対する具体的な対策

先ほども申しましたが、あなたの「副交感神経」が働き、リラックスした状態にならないと、ペニスは元気になれません。

前戯の最中は、あれこれと余計な心配で頭を悩ませず、まずは目の前のお相手の女性に集中が基本です。

心配いりません。裸になったということは、その時点でお相手の女性はあなたを受け入れてくれています。

そして、セックスを楽しもうとする気持ちでいっぱいなはずです。あなたはあなたのやり方で、お相手の女性を気持ちよくさせればいいのです。

男性が前戯中に感じる多くの不安は、一見お相手の女性のことを思ってのように見えます。

がその実、「恥をかきたくない」「傷つきたくない」という、男性の見栄と保身がその大部分を占めているものです。

自分のことばかりを考え過ぎて、不安にまでなっているようでは、良いセックスなんてとてもできません。前戯中で最も大切なことは、お相手の女性とのコミュニケーションです。

自分の見栄や保身はひとまずよそに追いやって、お互いの反応を確かめ合うことに集中しながら、前戯を進めましょう。

女性が前戯に反応し、感じてくるようになれば、あなたの緊張は自然と解けていくでしょう。同時に、ストレスを感じて萎えてしまうこともなくなるはずです。

そうして、自然に前戯で女性もリラックスをしてきたら、自分のペニスを触ってもらうのも良い方法です。

全ての男性が、女性の裸を見た途端、いつでもどこでもすぐにビンビン!!となれるわけではありません。勃起を続けるために、ペニスへの物理的な刺激が必要になってくる方もいるのです。

スポンサードリンク

だからといって、触ってもらう場合には、お相手の女性の反応を見つつ、あくまでも自然でなければなりません。

あくまでも女性の気持ちを高めるためのワンステップであるかのような雰囲気で誘導するとベターです。

どうあっても「このヒト、私の体だけじゃ興奮できないんだ・・・・・・」などと思わせないように!

そんな風に思われたら一貫の終わり、お相手の女性はサーっと冷めてしまいます。

おすすめは、「シックスナイン」や「素股」を取り入れること。ペニスへの物理的な刺激が自然にできますし、快感が高まること間違いなしです。

精力の減退

精力とは、加齢に伴って減退していくものです。なぜなら、勃起を司る男性ホルモン「テストステロン」は25歳をピークに減少してしまうので、10〜20代前半までのような勃起力を失ってしまうのは、致し方のないこと。

だからといって、20代の半ばを過ぎたら、前戯の最中にフニャチン状態というのは悲しすぎます。

中には60代、70代でも現役バリバリ!っという方もいらっしゃるのも事実。精力の維持・増大の方法は色々とあるので、決して諦めてはいけません。

精力の低下を防ぐ対策

「筋トレ」に、男性ホルモン、テストステロンの分泌を促す作用があることをご存知でしたか?

筋骨隆々のたくましい男性にフェロモンが多いのはこのためです。

ですから、精力減退のために前戯中に萎えてしまうとお嘆きの方は、早速、運動不足の解消に勉めることをオススメします。

そうは言っても、身体が太り過ぎてしまっていたり、日常生活があまりにも忙し過ぎてしまって、運動したくてもなかなかそうはいかないのが、現代人の悲しい環境。

そんな方は、ぜひ、男性機能の回復を助けてくれる成分、「亜鉛」を積極摂取してみてください。

その別名を「セックス・ミネラル」とも呼ばれる「亜鉛」は、精子を作り出すために必要不可欠な栄養素で、食物では「牡蠣」「ウナギ」「牛肉」などに多く含まれています。

ただし、日常の食事からだけで、必要十分な量を取るのは、至難の技。

前戯中に萎えてしまうことの改善のために、本気で「亜鉛」を摂取したいなら、効果が期待できるだけ分量が配合されているサプリメントを活用してみてください。

きちんと毎日飲むだけで、手軽に必要な分量の「亜鉛」を摂取できること間違いなしです。

また、「精力剤」ではなく、「増大サプリメント」を選んでいただければ、萎えチン対策として、より効果てきめんです。

なぜなら、「精力剤」は滋養強壮や体力回復といった、大きな目的に対応してくれる商品ではありますが、「増大サプリメント」はズバリ「ペニスの増大」「勃起力の向上」にピンポイントで効果を発揮するように、研究・開発された商品になります。

ですから、男性機能の回復を願うあなたには、ピッタリのサプリメントと言えるでしょう。

血行が悪い

ペニスの海綿体組織に大量の血液が流れ込むことが、勃起の原理。

ですから、血液がドロドロで流れが悪くなってしまっていたり、血管が固くなって健康ではなくなっていたりすると、勃起力が弱くなってしまうのです。

分かりやすい例を挙げると「肥満」の方で、脂肪が酸化して血管内にへばりつく「過酸化脂質」がそれになります。そうなると、血流が悪くなってしまい、身体状態が原因となるEDになりやすいと指摘されているのです。

血行促進のための対策

血行不良によって、前戯中に萎えてしまう方の場合も、第一の対策は、積極的に体を動かすこと、つまり運動です。

特に、ウォーキングなどで下半身を動かすのは効果があります。鍛えられたふくらはぎの血管が、ポンプの役割をして、全身の血行を促進してくれるのです。

一方で、食生活の改善もポイントになります。脂っこい食事やコンビニに頼った食事を続けていると、血液はどうしてもドロドロしてきてしまいます。

しかし、いろいろな状況のため、食生活に偏りが出てしまったり、運動する時間が取れなかったり、というケースも多いことでしょう。

そんな方は、血流改善の最終兵器「アルギニン」を積極的に摂取しましょう。

「アルギニン」には強力な血管拡張作用があるため、血流を促進し、ペニスに速やかに、しかも大量の血液を送り込み、勃起を成立させてくれます。

先ほどの「亜鉛」と一緒に、「精力剤」には必ずといっていいほど配合されている勃起に欠かせない成分なのです。

「アルギニン」の原材料となるのは「マカ」や「クラチャイダム」といった植物で、残念ですがそのままの状態では日本で購入することは難しいでしょう。

ですから、効率よく「アルギニン」を摂取するなら、やはりこちらもサプリメントの利用がオススメです。

食材の中では「鶏肉」「大豆」「ナッツ類」などに多く含まれています。普段の食事から「アルギニン」を摂取したい方は、それらの食品を意識的に取るようにするといいでしょう。

筋力不足

勃起は、ペニスの海綿体組織に大量の血液が流れ込むことで引き起こされますが、それを支えてくれる筋力がなくては、成立できません。

勃起して大きくなったペニスを支えるのは、PC筋と呼ばれる、肛門と睾丸をつなぐ筋のあたりにある筋肉です。お尻に力を入れた時にピクッと動く部分といえばピンときますでしょうか?

このPC筋には、勃起したペニスを支えてくれる働きと共に、流れ込んで来た血液を逆流させないという役割もあるので、それが衰えてしまうと、勃起を維持する力がかなり低下してきてしまいます。

悲しいかな、筋肉は加齢や運動不足によってどうしても痩せてくるもの。PC筋の衰えが、前戯中に萎えてしまう原因になっている可能性も高いのです。

筋力不足を防ぐ対策

PC筋を鍛えるためには、まずはその正しい位置を体で把握することが大切です。

分かりやすい方法は、トイレで用を足すとき、放尿の途中で一旦尿を止めてみてください。そのときに力が入った部分がPC筋になります。

そして、そこを正しく鍛えることで、前戯中に萎えてしまうことの改善が見込める場合があります。

やり方は以下の通りです。

1. 5秒ほどかけてPC筋をゆっくりと締める
(キュッキュッキュッと、段階を登るように締めるのがポイント)
2. そのまま5秒間締め続け
3. その後力を抜いてリラックス

これで1セットになります。これを朝・昼・晩・寝る前の1日4セットくらいやってみましょう。

このPC筋のトレーニングは、勃起維持力のアップで前戯中の萎えを解消してくれる他、早漏も改善してくれるなど、嬉しい効果がたくさんあります。

誰でもご自宅で手軽にできますので、ぜひ日常生活に取り入れてみてくださいね。

AVなどの情報に振り回されないこと

常日頃からAVを見ている方も多いかと思います。が、そんなあなたにご注意いただきたいのが、そこで行われているセックスを鵜呑みにしてしまうことです。

男性が見るAVは、当然のことながら「男性目線」で「男性を悦ばせるために」作られています。

AV女優は「女優」ですから、そのニーズを十分に理解し、演技をしているのです。

AVを見て「挿入前にイカせなければ」「イクときは潮を吹くものだ」「女性は短時間で何度でもイケるんだ」などと思い込むのは間違いの元です。

丁寧な前戯はお相手の女性にとって歓迎すべきものですが、それがひとたび「しつこい」となったら話は別です。

その上「見当はずれ」までになってしまったら、これはもう目も当てられません。

まして「しつこくて見当はずれ」になったら、同じ相手とセックスできるチャンスは2度とないと諦めてください。

分かりやすい例でいうと「潮吹き」なんていうのも、しつこく前戯をしたからといって、誰もがなるわけではなくて、体質次第だったりするのです。

ですから、AVで見たことを実現しようとするのではなく、目の前のお相手の女性の反応をしっかりと見て、彼女が悦ぶ前戯ができる男性になって欲しいのです。

そうすることで、お相手の女性は間違いなくあなたの前戯に夢中になります。文字通り、虜になるのです!

そんな状態の裸の女性を前にして、萎えてなどいられるでしょうか?

「お互いが幸せを感じるセックス」を目指すこと、これが前戯中の萎えを防ぐ、最大の対策と言えるのです。

前戯中に萎えたりしない、充実したセックスライフを

ここまでで、前戯中に萎えてしまう原因は、主にストレスと精力の減退にあることを、ご理解いただけたことでしょう。

それらは、セックスの際にリラックスして相手の反応をよく見ることや、運動や食事を見直す、サプリメントを利用するなどの対策で改善することができます。

それでもまだ「フェラで勃たせれば問題ない!」などと安易な考えをしているようでは、真に気持ちの良いセックスを経験することは、いつまでたってもできないでしょう。

どうか、ご自分にあった改善方法を見つけて、あなたはもちろん、お相手も満足できるセックスを手に入れてくださいね。

 


最新版のペニス増大サプリを徹底検証

すべて実際に使って客観的なデータを集計した増大サプリおすすめランキング大公開!使ってみてわかったメリットや特徴をくまなくご紹介します。短小や精力減退で悩んでいる方はぜひご覧下さい。ギンギンにそり立つ巨根を手に入れて自信を増大させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です